うみのそこ

いろいろつらつら

オタク女、任侠映画「日本統一」に手を出す

8/7から突然、任侠映画を見始めました。

タイトルは「日本統一」
ざっくり説明すると横浜で半グレをしていた
本宮泰風さん演じる冷静で頭脳派の氷室蓮司
山口祥行さん演じる脳筋で粗野な田村悠人の二人が
ひょんなことから関東を逃げ出し神戸の巨大ヤクザ組織で
上部に食い込んでいくというヤクザ系サクセスストーリーです。

めっっっっっっちゃイイ
最高になってしまったので、思い出として備忘録残します



〈なんでみはじめたの…?〉
元々現代ヤンキー系ファンタジーアクション映画こと
「HiGH&LOWシリーズ」と「クローズシリーズ」が大好きで
ずーーーっとHuluでループ再生して作業用のBGMにしてたんですよ
で、Huluには「あなたにおすすめ!」っていう
項目があるんですけど
ヤンキーものを見続けていたせいなのか
ある日突然その欄の様子がおかしくなり始めまして
「日本統一」「仁義なき戦い」「極道の妻たち」「トラック野郎」
Huluくんがガチガチの任侠とVシネばかりをすすめてくるように…。
いままでゆるキャン△とか勧めてくれてたのに…。
ヤンキー物って高確率でヤクザのおじさんが出てくるので
所謂Vシネに出ててる俳優さんたちに馴染みはあったのですがなかなか見る機会がなく…。
(ハイローには白竜さん、小沢の兄ィ、津川さん、小柳心さんとかが出てる)
所謂任侠Vシネって推しである小野塚くんが出てた「表と裏シリーズ」しか
ちゃんと見たことがなかったし、なんならアレもしっかり任侠かといわれると
微妙な作品だったのでせっかくなら見て見るか…と言う感じでうっかりと見始めてしまいました。

Huluでページ開いたら約一時間半くらいの長さのが38本もあって死ぬほどびびった
(Huluでは38まで、ネトフリでは43、アマプラでは41まで配信中)


〈1話冒頭で知能が死んだ〉
1話は冒頭狂犬系相方の田村悠人(山口祥行)の出所を氷室蓮司(本宮泰風)が出迎える所から始まり
過去にさかのぼる形で何故田村が刑務所に行くことになったのかを描いています

出所の段階では、氷室蓮司と田村悠人の関係性等は提示されておらず
田村がポケットに手を入れ不遜な態度で出迎えにきた氷室の方へと歩いてくるんですよ
もしかしてこれは一触即発!?!?!と思った次の瞬間
田村悠人が満面の笑みで声を上げて笑いながら飛びつき
氷室蓮司もそれに答えて熱い抱擁を交わします(ジャンピングハグ出所)

本編の再生が始まって1分30秒の出来事
マジで何が起きたか分からなくて暫くぼーーーっとしてました

強面のヤクザのおじさんたちが、ハグしながら子供みたいに喜んでるさま
冒頭からギャッブに滅多打ちにされて気が付けばこんなところまで…。

とにかく少しでも気になってる方々
1話の1分30秒付近まででいいので見てくれませんか?
マジですごいかわいい…驚いちゃった…。オタクだから…。


<結局おもしろいの?>
私はめちやくちゃ面白いです!ただマジで個人差だと思います。
現時点で46巻+外伝があり50本越えているシリーズなのでやっぱり
つまらない!ということは無いです!(47が9月に出る)
外伝山崎一門1.2とかいうヤクザと大家のおばちゃんの
ほのぼの系日常アニメみたいなスピンオフもあってキャラオタクに超やさしい

ただVシネという限られた予算上、特に20話程度までは
・BGMやSEが微妙
・たまに入る爆破や狙撃時のCGがチープ
・各地方だと現地の人を使っているシーンがあるのでヤバイくらいの棒読みがいる
・まあまあ良い役に、役者でない素人を使っている
・突然重要な役の役者が変わる
・長いシリーズなので役者の都合で出てこなくなるキャラがいる
・役者の使いまわしが発生する(5で死んだA役のBさんが、10で別人のC役として出てくる)
といったような、どうしようもない所があり
そこに目を瞑れるか、笑って流せる人じゃないとキツイかな~という感じではあります

ストーリー自体は普通に面白く
ヤクザバディものとしては最高なのではないでしょうか…
冷静で頭脳派の氷室蓮司が内部を動かし
脳筋で狂犬な田村悠人が実動部隊として氷室の手足となる
こんな二人ですが氷室もなかなかの武闘派で
キレると手が付けられなくなるのでそれを止めるのは田村の役割

個人的に感じた二人の比較表
・タイプ→氷室:冷静な頭脳派・田村:脳筋狂犬
・身体→氷室:185センチの長身筋肉質大柄・田村:178センチの細身
・対人→氷室:女にめちゃくちゃモてる・田村:女にあんまモテない
・ステゴロ→氷室:殴り主体・田村:蹴り主体

銃のドンパチだけでなく生身のアクションもまぁまぁあるのが
この作品なのですがとにかく主演2人アクションが対照的で良すぎる…

脳筋で粗野な狂犬の田村は蹴り、ハイキックがとにかく綺麗
俳優の山口さんが元JAC(スーアクやアクション俳優所属している事務所)ということで
魅せることも念頭に置いたようなどこか綺麗なケンカ所作が多いのに対して
冷静で頭脳派の氷室はとにかくその恵まれた身体から繰り出されるパワー!
俳優の本宮さんが昔からボクシングや総合格闘技をされているのもあって
実践向きでとにかく力の篭った痛そうな若干泥臭いケンカ所作

という感じのキャラの性格性質とは真逆のアクションがたまらん…!


<日本統一って?>
パワータイプの頭脳派×技巧タイプの脳筋狂犬の最恐バディが
日本のヤクザ組織を吸収して、統一していくぜ!
要約するとこんな感じです。

主演と言うこともあり二人の話ばかりだったんですけど
様々なタイプのかっこいい男たちが出てくるので
ぜっっっったいに推しが一人は見つかります!!まぁ大体死んじゃうのですがね!
その散り様もかっこ良かったり、無様だったりと様々で
色々な任侠道が感じれてサイコーになっちゃうので。
私の推しは21あたりから出てくる棟方龍治こと龍さんです……!

1の1分30秒まで見てもらって、少しでもおっと?と思ったら
とりあえず7まで見てくださいマジでお願いします…7がバカ程にエモくて気が狂うので。

 

 

 

 

【ネタバレ含む】TXT vol.2「ID」における感情の輪

 

あくまで個人の考察感想ですので、まともに受け止めないでね〜!

 

劇中でもテーマとなっている8つの感情と関係性を表す
プルチックの感情の輪これには一般的に3つの深度がある(4つだったりする場合もある)

喜びであれば『平穏<喜び<恍惚』
信頼であれば『容認<信頼<敬愛』
恐れであれば『不安<恐れ<恐怖』
驚きであれば『放心<驚き<驚嘆』
悲しみであれば『哀愁<悲しみ<悲嘆』
嫌悪であれば『倦怠<嫌悪<憎悪』
怒りであれば『苛立ち<怒り<激怒』
希望であれば『関心<希望<警戒』
というような感じ

恐らく劇中では深度がどちらかに振れた時または
お互いの関係性に変化があった時にアバター達が命を落としている
つまり自分自身『ID(自我)』を失っているのではと思った

1.最初に捕まったサッド(悲しみ)は『悲嘆』に振れ
2.ホープ(希望)は、行き過ぎた感情に相手から厄介と『警戒』され
3.ジョー(喜び)は普通に生きたいとマイナスの『平穏』に
4.テラ(恐れ)は『恐怖』から世界に発信をし
5.ビリー(信頼)はそんなテラの行動に心動かされ『敬愛』した

アンジーとヘイトの繋がりは『怒り嫌悪
そしてワンダとヘイトの間には本来サッドがいて繋がっているが半身にサッドを持つ二人が一緒にいたことで一つ分の『悲しみ』が生成されたのではないか?と
そして『驚き+悲しみ』『悲しみ+嫌悪』である

6.アンジー(怒り)は『激怒』し、ヘイトからの『』で殺され(怒り+嫌悪=軽蔑)
7.ワンダ(驚き)は何があっても驚かないと自分の本質を『』し
8.ヘイト(嫌悪)はアンジーを殺した『』とすべてへの『憎悪』から自ら命を絶った



これは実際の犯罪の傾向と似ていて全ての濃度が濃くなった瞬間、つまり人として一つの感情が極限になった時に犯罪や重大な出来事が起きることが多くある。


・自らの『恍惚』のために
・貴方を『敬愛』していたから
・『恐怖』から逃れる為に
・衝動的に、とっさに、驚いて『驚嘆
・悲しさのあまりに『悲嘆
・『憎悪』すべき相手であったから
・お前は自分を『激怒』させた
・自分にとって相手は『警戒』すべき人間であるから


実際に劇中では
ジョー(喜び)は元々連続通り魔殺人を犯した死刑囚
アンジー(怒り)は元々強盗殺人犯だった
過去の記憶の一部を取り戻した時
ジョーが人を刺した瞬間の喜びや恍惚を感じ
アンジーは怒り、激怒していた

教授、生徒会長、学級委員のカンファレンスの際に、該当するボディの仕入れにはそこそこ時間を要すると学級委員が言っていたことからそれぞれの感情には犯罪を犯していた時に強く動いた感情と
一致する死刑囚のボディを使っている可能性が高いのではと思った。


感情が強く振れてしまえばID(自我)を失ってしまう
それはアバター達も実際に生きている私たちも同じなのだろうと思う

 

 

クロードと一緒にを見てほしい

 

タイトル通り、2021年7月3日(土)~2021年7月11日(日)で公演される作品
『Being at home with Claude~クロードと一緒に~』を見てほしいと叫ぶブログです

www.zuu24.com

 

【作品】
Being at home with Claude~クロードと一緒に~
(ストレートプレイ)

【日程】
2021年7月3日(土)~2021年7月11日(日)

【場所】
シアターウェスト(池袋/東京芸術劇場)

【あらすじ】
1967年 カナダ・モントリオール。判事の執務室。
殺人事件の自首をしてきた「彼」は、苛立ちながら刑事の質問に、面倒くさそうに答えている。男娼を生業としている少年=「彼」に対し、明らかに軽蔑した態度で取調べを行う刑事。部屋の外には大勢のマスコミ。
被害者は、少年と肉体関係があった大学生。
インテリと思われる被害者が、なぜ、こんな安っぽい男娼を家に出入りさせていたか判らない、などと口汚く罵る刑事は、取調べ時間の長さに対して、十分な調書を作れていない状況に苛立ちを隠せずにいる。
殺害後の足取りの確認に始まり、どのように二人が出会ったか、どのように被害者の部屋を訪れていたのか、不貞腐れた言動でいながらも包み隠さず告白していた「彼」が、言葉を濁すのが、殺害の動機。
順調だったという二人の関係を、なぜ「彼」は殺害という形でENDにしたのか。
密室を舞台に、「彼」と刑事の濃厚な会話から紡ぎ出される「真実」とは。
(公式サイトより引用)

【登場人物】
彼/イーヴ(犯人)、刑事、速記者、警護官
上記4人のみしか出てこず、濃厚な会話劇が繰り広げられます

【ちょっとしたちゅうい】
実際のシーンはありませんが彼の語りによる
R15程度の性的な表現や同性愛の描写があります。
また、当時の時代背景を考えると仕方ないのですが
男娼をしていた彼や客を詰るような表現が多数あるので
そういった表現に抵抗のある方はお気をつけ頂いた方がいいかも…。

【見どころ】
若手俳優の演じる色っぽい男娼の彼/イーヴの猫のような飄々とした雰囲気
そして最後の20分弱の被害者(クロード)と自分の物語の独白
圧巻の独白を是非目撃してほしいんです…!

インテリの学生のクロードがなぜ男娼のイーヴと出会ったのか
はたして二人の関係とはどんな関係だったのか
なぜイーヴはクロードを殺害したのか
そしてタイトル『クロードと一緒に』の意味とは
本当なら見どころ等をもっと書きたい所なんですけど
全部ネタバレになってしまうからむずかしい…とにかく見てほしい…

あらすじを読んで頂ければなんとなく内容に察しがつくと思うのですが
多分スリルミーが刺さった方、日本版のINTERVIEWが刺さった方には
めちゃくちゃに刺さる内容の作品かと思っております!
特にスリルミーの究極の愛ペアが刺さった方あたりにはオススメすぎる

今回はINTERVIEWの演出をされていた田尾下哲さんが演出されているので
INTERVIEWの演出等に興味を持たれた方もぜひぜひ!

公演は7月3日(土)~2021年7月11日
東京芸術劇場・シアターウェスト
チケット一般発売は6月19日(土)10:00~

とてもいい舞台なので…是非ご検討ください!

祝配信!はじめてのスリルミー

horipro-stage.jp


スリルミーの配信が!!!ある!!

泣きそう……

 

スリルミー人(すりるみーんちゅ)のアラサーです
この度、ミュージカル『スリルミー』の配信が決定いたしました!

コロナ故に、東京公演が楽日までたどり着けず高崎では1ペアが欠席
大千秋楽である大阪の公演が中止になるなど厄災に見舞われ完走することができなかったこの作品ですが、それ故にホリプロさんが頑張ってくれたようで…。

日本では初めての、映像の配信が決定いたしました。

・フォロワーが騒いでるから気になる
・どうやらヤバイ舞台らしい
・3ペアあってどれを見るのか悩む

などの声を耳にしたのでTwitterの方で少し投稿していたのですが
微力ながらもスリルミー鑑賞のお手伝いが出来たらと今ブログを書いてます。




ここから先には作品の若干のネタバレ・あらすじが含まれているので

完全にまっさらな気持ちで挑みたい方は閲覧をお勧めいたしません




【絶対に配信を見た方がいい理由】
スリルミーは2011年の初演以降2年から4年程度のスパンで公演をしていますが
2014年キャストで一度ライブ音源のCDが発売されたのみで
一度も映像化をしていません。つまり今回の配信かなり貴重なのです。
そして公式から今回も円盤にはならないことが今時点でアナウンスされています。
オタクとしてはマジで天変地異レベルの出来事なんですよ…。
そんなのこのビッグウェーブにのるしかなくないですか?
コロナのせいで見ることができなかった沢山のファンのために
ホリプロさんが頑張ってくれました……。
そしてこれを逃したらおそらくもう見れなくなるペアが居ます。
是非……スリルを体験してください!


【あらすじ】
刑務所の仮釈放審議会の席で、囚人である"私(レイ)"は34年前に起こした犯罪について語り始めた。
"私"の幼馴染にして、ニーチェの信奉者である"彼(リチャード)"は、自らを特別な存在〈超人〉とし、犯罪を犯すことで満足していた。"彼"を愛していた"私"は、"彼"の犯罪に加担するようになり、互いの欲求に全て応えるという契約書を取り交わした。
二人の欲求はどんどんとエスカレートしていき、犯罪史上に残る惨忍な誘拐殺人事件を起こした。動機とされているのはただ一つ、「スリルを味わいたかったから」
きっとそれだけが理由ではなかったはずだと問う審議官たちに"私"は〈本当の理由〉を話し始めた。


【前提】
この作品は子供が犠牲になる気分の良くない『実際』の猟奇殺人が元になっています。
お子さんをお持ちの方などで前情報皆無で作品を見て嫌いになってしまうという例を今まで見てきました。
またお察しの方もいらっしゃるとは思うのですが、男性同士の接触が多数あります。こちらに関しても一部苦手意識のある方がいらっしゃると思うので、上記二点は念頭に置いた上で視聴いただくといいかと思います。


【スリルミーの魅力とは?】
俳優2人とピアニスト1人、計3人しか舞台上には役者が居ません。
その3人が織りなす、息をすることも忘れる程の緊張感。100分間の衝撃。
たった3人でこれほどまでに人に衝撃を与えることができるのかと
初観劇時、席から立てなくなったの10年経った今でも覚えているほどです。

そして一番の魅力は『演者によりストーリーが全く別物に見える』ということです。
日本版のスリルミーの特徴として、同時に公演をするペアたちは
台本や付けられている演出は殆どすべて同じなのですが演じる人により全く違うストーリーに見えるのです…。
ここが最大の沼で、1ペア見ると2ペア目を…。3ペア目を…とハマリ込んで行き、立派なスリルミー人が完成するといった具合です。
韓国版演出が元になっているので更なるスリルを求めて渡韓する人も後を絶ちません。


【1ペアしか見れないけどどこを見たらいい?】
スリルミーはマジで全部見てください
と言いたい所なのですが…予算や時間の関係上1ペアしか…2ペアしか…と
いう方も多くいると思います。
ただ、どこを見たらいい?って本当に難しいんですよ…。
特に今年度の3ペアは年齢も毛色もキャリアも全く異なっており
『ピザとラーメンとカレーどれが好き?』くらい難しい…。
だってみんな好きじゃん?結局好みじゃん?
わたしはラーメンが好きだけど、あなたはカレーの方が好みかもしれない…となるので気軽にここ!と勧めらんないんですよ…!

ということで、個人的な各ペアのイメージや感想をまとめたので
どうしてもすべて見れない人向けの参考になれば幸いです。



【私・松岡広大×彼・山崎大輝ペア/通称:松山、ヤマコー】
公式のキーワード/テーマ:生の暴走
2021年のスリルから参加した新規ペア。
松岡くん23歳、山崎くん25歳と兎に角フレッシュ
実際の事件を起こしたモデルの年齢が19歳なことから
歴代で一番年齢が『実際のモデルに近い』ペア
若さゆえの過ち、暴走、痛々しさを一番ダイレクトに感じられる2人
また松岡165センチ、山崎181センチと
16センチの身長差が堪らないペアでもあります。

youtu.be



【私・成河(ソンハ)×彼・福士誠治ペア/通称:成福】
公式のキーワード/テーマ:資本主義の病
2018年のスリルから参加した、2度目のペア
舞台で活躍する成河さんVSドラマで活躍中の福士さんという演技巧者のガチンコぶつかり合い。
声質も正反対で見た目も凸凹なペアですが、何故か声の相性がとても良く成福の『契約書』は是非聞いてほしい!!
そして今回だとこのペアが1番地獄度合いが高め
成河私が怖すぎて漏らすかと思いました。
『良質な地獄』を味わいたい人にお勧めのペアです。

youtu.be

 


【私・田代万里生×彼・新納慎也(ニイロ)/通称:にろまり】

公式のキーワード/テーマ:究極の愛
2011年の初演を立ち上げた『伝説のペア』約9年ぶりの復活
舞台やミュージカルで活躍されているお二人で、特に田代さんは音大で声楽をされていたガチの絶対音感の持ち主。歌唱力で圧倒されるのがこのペアです。
とにかく田代私の愛が底なし沼のように深く、テーマの通り『愛』が主軸になっている印象を受ける2人。
このペアは逆に身長差が無くそれ故出来るモーションもあり、テーマと相まって色々と特濃。こんなにも糖度が高いスリルミーはにろまりだけ!
このペアは恐らく今年が最後でこれが目撃できるラストチャンスです…。

youtu.be

 

個人的な感想としては一言で表すと
松山→今回の中では比較的スリルミー
成福→良質な地獄ミー
にろまり→愛の底なし沼ミー
といった感じかなと思ってます……あくまで!個人の感想ですよ!

また、前述通りですがスリルミーの醍醐味は『演者による作品の変化』なのでお時間やお財布がが許すようでしたら最低でも2ペア見ることをお勧めします!

 

 

【最後に】
スリルミー界隈では最初に見たペアのことを『親』と呼びます。
個人的な感想も多く参考になるかは分かりませんが未スリルのみなさんが親を得る手助けになれば嬉しいです!!
そして今回のペアが親の皆さんは一度見たからと言って見ないという選択をするのでは無く、是非親も大事にしてください…!!!!
私の親はCDにも映像にもなっておらず、もしかしたら幻だったのかも?という状態なので…。親は大切に。

 

 

みんなも!!!!!スリルミーを見て!!!一緒に超人になろう!!!!

第一回!推しに出て欲しいミュージカル作品を考える会

ミュージカルだいすきなOLです。

この度!
「小野塚くんに出て欲しい、やってほしい役を考えようの会」を度開催しました。
一人で。酒を煽りながら。

INTが終わってからずーーっとこれに出てほしい…あれに出て欲しい…と
考えていたのでちゃんと文章にしようと思って今キーボードを打ってます。

小野塚くんミュージカル初だったのに上手すぎやしませんか?
正直INT出来たら大体のミュは乗り越えて行けるくらい難しいはずなんですけど…
なんで…これ最初にやったの…(繰り返し)

羅列してる作品は国内外問わずですが好みの傾向故ほぼ韓国ミュです


また日本未上演の作品もあるのでネタバレを少しでも避けたい人は閲覧非推奨です



〈書いてる人のふんわりとした観劇の状況〉

観劇歴15年くらい、平均月に2-3本くらい
ミュージカル多め、来日公演も観劇
国外ミュは配信+DVD+OST
好みの傾向はがっっっりシリアス



【The Story of My Life /ストーリーオブマイライフ】
人気作家のトーマス(トム)は急死した親友アルヴィン(アル)の弔辞を読むために故郷に帰る。トムとアルは子どものころからの親友で、どちらかが先に死んだら残った方が弔事を書くことを約束しあっていて思った以上に早くその時は訪れてしまった。葬儀が始まるというのに手向ける言葉が思い浮かばないでいるトム。するとトムには死んだはずのアルの姿が見え始めた。そして僕たちの出会いから今までを遡ってみてはどうだろうというアルの言葉で、弔辞を完成させるべく二人の記憶を辿る物語が始まる。

お察しの通り男2人だけの2人舞台です!!

内容的にはハートウォーミング系。べちゃべちゃに泣きます。

登場人物は作家先生のトーマス(トム)と死んだ親友のアルヴィン(アル)
トムは「普通」でいたいという気持ちが強い少し神経質な作家先生で
死んでしまったアルは飄々として自由奔放ででも何処か繊細な子
小野塚くんどっちでも出来ると思うんですよね…
日本だとスイッチキャストなのでワンチャンないですかね…。
相手次第だけど個人的にはアルの方が似合うかなぁと思ってます。
アルは前述のとおり自由で弔辞をかこうとするトムの周りをちょろちょろ歩き回ってちょっかいを出しては邪険にされ、でもニコニコ。そうなんですよ…ニコニコなんですよアルは…。トムは困惑というか苦悩する表情もあったりするんだけど、アルはずーーっとニコニコなの。今目の前にいるアルはトムが思い返しているアルであり、つまりトムの前では常に笑っている強い男の子だったんですよねアルは。
色々あってアルに衣装は白いお洋服って決まりがあるんですけど、白いお洋服彼似合うじゃないですかぁ…だから白いお洋服でニコニコ笑いながら歌っている本当は芯が強いアルヴィンが是非小野塚くんでみたいです。たのむホリプロさんお願いだから…。(日本版初演がホリプロ)

韓国版のプロモだけで最高が分かると思うので是非

www.youtube.com





【狂炎ソナタ

賞を受賞、華やかなデビューを飾ったものの、その後一曲も書けないまま不安に苛まれる。天才的な音楽の才能を持つが、記譜ができない。彼らは長い付き合いの友人であり、JにとってのSは音楽でのミューズでもあった。
はクラシック界において著名な教授を訪ね、再び作曲を始める。
しかし提出するものはどれも酷評されるばかりで、様々な重圧から飲酒運転で事故を起こしてしまう。目の前で目撃した“死”。そして濃厚な血のにおいと共に、嘘のように仕上がった第1楽章。信じ難い音楽の誕生。
傑作の誕生のその理由が“死”だと知ったKは、曲を完成させるべくJに殺人をそそのかす。そしてJは第2楽章のために再び殺人を試みる…

ドッッッッシリアスです。INTくらい沈んだ気持ちになって劇場を後にします

登場人物は3人。
音楽のインスピレーションの為に人を殺す作曲家のJ
Jの親友で天才的な音楽の才能を持っているS
そしてJを凶行に走らせる教授のK

JもSもいいんだけど、小野塚くんならJが見たいですね!
才能はあるのにそれが発揮できず、そしてSの事も親友だと思っているのに天才的な才能を持つSに嫉妬してしまい雁字搦めになっているJ。本当はやめたいのにやめられない止めて欲しいJ…。
とにかく苦悩&劣等感&苦悩!苦しみに苛まれ続ける芝居ぜっっっっったいに上手い!
苦しみが上手いのってもうみんなINTで気が付いてるもんね!
それとですねコレ、ピアノ弾くんですよ!!ガチで
JとSの連弾とかも有ったりするので…最高。ピアノ弾く小野塚くん見た過ぎません?
来日版や配信版はあったのですが実はまだ日本版はやってないので
実はそろそろ日本初演があると思ってる韓国ミュです。
是非とも日本初演キャストに如何ですか…。おねがいします。

www.youtube.com





【スリルミー】

刑務所の仮釈放審議会の席で、囚人である"私(レイ)"は34年前に起こした犯罪について語り始めた。
"私"の幼馴染にして、ニーチェの信奉者である"彼(リチャード)"は、自らを特別な存在〈超人〉とし、犯罪を犯すことで満足していた。"彼"を愛していた"私"は、"彼"の犯罪に加担するようになり、互いの欲求に全て応えるという契約書を取り交わした。二人の欲求はどんどんとエスカレートしていき、犯罪史上に残る惨忍な誘拐殺人事件を起こした。動機とされているのはただ一つ、「スリルを味わいたかったから」
きっとそれだけが理由ではなかったはずだと問う審議官たちに"私"は〈本当の理由〉を話し始めた。


僕スリルミー大好き人!スリミ人(すりみんちゅ)です!
本人見に行ってた!!!!最高!

登場人物は私と彼の2人のみ
私(レイ)は裕福な家庭の子供で、彼の幼馴染。彼の事を愛している役で
彼(リチャード)も裕福でカリスマ性もあり顔もいいのに
両親には期待されず、出来のいい弟への嫉妬から少しの孤独を抱えている男といった役です


以前ここで劇団EXILEでスリミ公演をするなら?といったのを書いたときに
小野塚くんを彼にしたのですがあくまで劇団内で組む時は…という話で

実際に外部でやる際に見て見たいのは圧倒的に私です。
彼の命令のままに犯罪を犯していき、最後は人も殺めてしまう。
それは全て彼への愛ゆえで、私の世界の全ては彼でしかなかったからなんですよ…。
そしてなんでこんなにスリルミーをして欲しいかというと、
この作品演者ごとにまっっったく解釈が変わるんですよ。
例えば私で言うと過去には、恋は盲目タイプがいたり、おせっかいオカン系がいたり、彼ではなく彼の与えてくれるスリルが好きだったというようなサイコパスがいたり、全く役者によって解釈が変わるんですよね。
推しのやる<私>の解釈を!感じたい!たのむホリプロさん!

まさか本人がスリミ見に行くと思ってなくて死ぬほど驚いてるんですよ。
しかも今やってるペアの中で一番危険度の高い成福ペアを見てて……
小野塚くんの親が成福に…と興奮してます(スリミ界隈では初めて見たペアの事を親と呼びます)
頼むから…スリルミーを…やってください…

www.youtube.com



【メイビ―、ハッピーエンディング】

20××年、ヘルパーロボットが活躍する時代。
郊外にひっそりと佇む、主人を失った旧型ロボット達の専用アパートで、ヘルパーロボット3のオリバーは大好きなレコードと雑誌に囲まれて話相手の植木鉢くんと共に毎日規則正しく暮らしていた。
ある日、向かいの部屋に住むヘルパーロボット5のクレアが充電コンセントを貸してほしいと訪ねて来る。
同じヘルパーロボットながら考え方が正反対で溌溂としたクレアに振り回されるオリバーだが、2人は徐々に交流を深めていく。ロボットにはプログラミングされていないはずの感情に戸惑いながらも、お互いへの気持ちを育むオリバーとクレアだったが…。

ロボット二人のラブストーリーで、とにかく可愛い!

タイトルロール通りで、Maybe,HappyEnding(もしかしてハッピーエンド)
このタイトルの意味が分かった瞬間に大号泣の嗚咽


とにかくオリバーがかわいい!
ロボットっぽいモーションするシーンもあったり頑固で頭が固かったり、感情豊かだったり…。
表情がころころ変わって最高に推しを楽しめる役です

基本的に素直なイイ子なのでずっっっっと可愛いんですよね。
物語の途中で自分の元の持ち主に会いたくて旅に出るという山場があるんですけど
その元の持ち主とオリバーの関係性もまた素敵で基本的に心温まります。

小野塚くんで泣いちゃうくらいピュアな恋愛物が見て見たいなという願望があったので
上げてみたのですが考え始めたら最高に可愛くて悶絶してました。

実は去年日本でやってたのですが時勢柄あまり知られてないので…
もしかしたらまた再演するかもしれないのでよかったら見て見てください…

www.youtube.com





いっぱいかけて満足しました!!!

まだ見たい役はまだまだ沢山あるんだけどとりあえずここまで…
基本OST聞きながら書いてるんですけどすきなのに暗い作品多くって精神参ってくるので!
ブロードウェイとかオフブロードウェイ関連、
あとはストプレにめっぽう弱いのでもしこれ最高だから見てとか、
小野塚くんでこれやってほしくない?みたいなのがあったら教えてください!

INTが最高だったのであの苦しさにめげずに
これからたくさんのミュージカルや舞台に出てくれることを心より祈ってます!

マジで!お願いだから!




 

ミュージカル「INTERVIEW〜お願い、誰か僕を助けて〜」RED&BLUE比較感想考察

INTERVIEW〜お願い、誰か僕を助けて〜
大千秋楽おめでとうございました

本当に素晴らしい素敵な空間に立ち会えたこととてもうれしく思います。
日本初演を、このマットという難しい男を推しが演じてくれたこと、
推しに宛がってくれたことに対して最大の感謝を…。


前回ネタバレ含むストーリー解説をしてます

uni-ku.hatenablog.com


ストーリのおさらいは
よろしければこちらをご覧ください

今回1万字超えてるのでお暇なときにどうぞ…



【気になった相違点】

演出面とか曲名は正規のもあるけどあとは適当につけてます
BLUEたくさん見た割に、RED2回しか見ていないので覚えている限りになります…。

<僕の中の怪物>(一人考え~の歌詞のところ)
RED・松本ユジンのみが机越しに糸川マットに手を差し伸べるのみ
BLUE・小野塚マットと丘山ユジンが机を挟みながらユニゾンでこめかみ付近に手を添える振り


<子守歌の手遊び含む遊ぶシーン>
RED・曲の歌詞に合わせた振り付け(手をとりのように羽ばたかせたり)。部屋で追いかけっこをしたり、隠れてみせたりする
BLUEアルプス一万尺のような振り付け。椅子にウッディを乗せてぐるぐると回ったり走り出したりする


<素敵なレディ>
RED・机に向かい合って座って、一緒に歌詞通りお茶会(とてもなごやか)
BLUE・定規を持ったジョアンが歌詞通りにマットを「教育」する振り付け


<アンとウッディ>
RED・絵をビリビリに破く、両手で交互に頬を叩くと殴る
BLUE・絵を見せつける様にゆっくりと破く、利き手で思い切り叩く


<アンとジョアンのシーン>
REDジョアンに対しての<嫌い・恐怖>という感情が強かった印象
BLUEジョアンへの<恐怖・怯え>が強く、震えてユジンを盾にしたりする


ジョアンの歌から絞め殺すまでのシーン>
RED・糸川マットはジョアンに手を出せずに、それをぶつけるかのように椅子や本を投げたり叩きつけたりと暴れまわる
BLUE・小野塚マットは、ジョアンと踊ったり抱きかかえて回ったり、椅子に座らせて投げ出したり「おもちゃ」のように弄んでいる


ジョアンの殺害シーン>
RED・机に上がり座ったまま同じ目線でジョアンを見つめ首を締め続け苦しそうな表情で最後の最後に立ち上がり締め上げる。息絶えたジョアンを抱きしめようとするが、そのままジョアンの体が崩れ落ち抱きしめることができず腕が空を切る
BLUE・机に上がり徐々に立ち上がりながらジョアンの首を絞め、高い位置で締め上げる。息絶えたジョアンがマットの胸に倒れこみうれしそうな顔でぎゅっと抱きしめるも徐々にジョアンが崩れ落ち、腕の中が空になる


ジョアンの退場シーン>
RED・松本ユジンが抱き起し、階段まで連れて行きジョアンが一人で光の道へと歩いて行く。糸川マットは一人で光へ歩いて行くジョアンの姿を最後までずっと見続けている
BLUE・丘山ユジンが自らのジャケットを掛けて、抱きかかえ一緒に光の道へと消えていく。小野塚マットは光へ消えていく姿を最後に一瞬だけ見る


<放火シーン>
RED・退場シーンでジョアンの遺体を眺めているシーンが長く、ジョアン退場後にすぐ放火のシーンへと移る。タバコに火をつけ一服後に「どうでもいい」というような顔でタバコをぽろりと床に落とす
BLUE・REDとは違いジョアンは結構すぐに退場。そのあとに一人で呆然としているシーンが長く、寝転がって自嘲したりと放火までに時間がある。タバコに火をつけ一服後に「どうにでもなれ!」というような顔で笑いながらタバコを投げる


<6回目の催眠療法の自殺シーン>
RED・糸川マットは鞄から取り出したノートの一頁を雑に破って遺書を書いてからペンで一思いに死のうとする。刺そうとした瞬間にジョアンが現れて手が止まり、ジョアンはマットを見つめ続ける。マットも目の前のジョアンを呆然と見つめていて手が動かないという感じ
BLUE・小野塚マットは鞄からノートを取り出して直接遺書を書いて丁寧に破いてからペンを首に突き付ける。するとジョアンの幻覚が現れて手をかざして、ダメだというように制してマットが首を刺そうとしていた手を止める


台本は同じはずで台詞も同じはずなのに役者の解釈と芝居で全然別物!
REDとBLUEので大きく違ったと思うのは、マットとジョアンの関係性。
対等のRED従属のBLUEだと私は思いました。
REDは伊波ジョアンと糸川マットの関係が対等に見えるんですよね。それこそウッディとアンのような双子に見えるほど。手遊びのシーン付近が顕著なのですが、ジョアンと一緒に遊ぶシーンも一緒に楽しむといった様子でBLUEに比べて和やか。
一方BLUEの山口ジョアンと小野塚マットは明らかにマットはジョアンの支配下でした。遊ぶシーンもジョアンの思う通りに動かなければならない。
言いつけを破ったマットにジョアンが「もう遊ばない!」と言う台詞も
REDは伊波ジョアンが拗ねた子供のようにプイっと怒って居なくなってしまうのに対して、BLUEの山口ジョアンはスッとさめたわ…というような顔で冷たく言い捨ててその場を後にします。マジでRED見てからBLUE見た日は山口ジョアンの怖さに鳥肌立ちましたもんね。

またTwitterREDは《悲恋》で、BLUEは《悲劇》だと感じたと書いたのですがそれに上記の関係性も若干掛かってきます。

REDは冒頭のアナベルリーの朗読シーンで糸川マットの伊波ジョアンへ向ける眼差しが姉に向けるものとしては違和感があったんですよね。あまりにも「色」を持ちすぎていて。関係が対等であったからこその違和感。そして次にジョアンの話(私出てくわ~の歌)、ここで家を出るといわれた瞬間になんでという驚愕から泣きそうに顔が歪むんですよね……。そして触れる手の切ない事よ……。この段階で、あぁきっと糸川マットにとってのジョアンは愛する女性だったんだなと。
BLUEしか見てない方は驚きかと思うんですけど、REDの伊波ジョアンは糸川マットに対して愛情があるんですよ…!!ただそれは唯一の家族、虐待されていた被害者仲間としての愛で。
そしてジョアンを殺害してしまうまでの行動。糸川マットはジョアンに手を出せないんですよ、その代わりに椅子や本を投げ散らかす。それは一緒に虐待に耐えてきた対等な存在だから、大好きな人だから彼女に直接当たることができないんだとすごく切なくなりました。REDは目も当てられない位部屋がめちゃくちゃになるんですけど彼の心象風景なんだなぁ…きっと。
殺害シーンも座り込んだまま彼女の首を絞め続ける姿が<同じ目線に居たい>という彼の心の表れだったのかなと思いました。そして息絶えたジョアンが崩れ落ち空を切る腕。ここがBLUEとは本当に対照的で。糸川マットは今までは形は違えど与えられていた愛を失ってしまったから抱き締められずに腕は空を切る。そしてそのあとに崩れ落ちたジョアンを見つめるんですよ…。ここで堪らね―――ッ!なりましたマジ。彼は自分がジョアンを殺してしまった事に唖然としてるんですね…。唯一だった大切な物を自ら壊してしまった事に絶望した糸川マットは、煙草に火をつけその場にもう全て無くなってしまえばいいんだ…とポロリと落とす。
そして最後、ペンで首を刺そうとする糸川マット止めに来るジョアン。
自殺しようとする糸川マットの前に現れたジョアンは見つめるのみ、でもマットは目の前のジョアンを見るだけで手が動かなくなってしまう。そしてジョアンはそっと笑んで手元からペンを預かる。伊波ジョアンのその姿が弟を案じている姉の様で、めちゃくちゃ切ない。「私の小さな愛がある」と彼女が歌うように彼女なりにマットを愛していたんですよねきっと。求める愛と与えられる愛のすれ違いの結果生まれた怪物が糸川マットだったのではないかと個人的には感じました。REDしんどい。

そしてBLUEなのですがこれは間違いなく悲劇のお話でしたね…。アナベルリーの朗読。この時の小野塚マットは目が結構虚無なんですよ、糸川マットと比べたら。ジョアンの幻覚をぼうっと見つめているという雰囲気。そしてジョアンの話(私出てくわ~の歌)ここの小野マットはずっとジョアンの後をついて回り、「ぼくをおいていくの…なんで…?」と理解が追い付かないという子供みたいな目でずっとジョアンを見つめているんですよね。小野塚マットにとってのジョアンは居場所であり存在意義だったのだと思いました。
ジョアン殺害までの行動がこちらは、自分をおもちゃだと言った姉を振り回したり無理矢理ダンスさせたりとまるで言葉通り今まで自分がされてきた扱いを返すかのように笑いながら「おもちゃ」として雑に扱う。
殺害シーンは机にジョアンを上げ、同時に立ち上がりながら絞め殺すという感じなのですが、ここの姿が小野塚マットは弱い子供でなく力のある加害者に見えるのが…とてもつらい。そして息絶えたジョアンが一度胸に収まり、ぎゅっと抱き締めることが出来るんですけどその瞬間小野塚マットはおもちゃを手に入れた子供のような嬉しそうな顔をするんですよ――。ここの顔が本当に悲しくて…。でも正しくない手段で得たものは消え去ってしまう訳で、胸の中のジョアンは力が抜けずるずると小野塚マットの足元に崩れ落ちていく。この時小野塚マットはジョアンを殺めた自分の手を見つめ震えるんですよ。ジョアンを殺してしまったでなく、自分は人を殺してしまったのだと。小野塚マットは自分を虐げていた義父や母そしてジョアンとも同じ加害側になってしまった自分に、自らの手で己の存在意義を壊してしまったことに絶望しているように見えました。そして煙草に火をつけた彼は笑いながら煙草を放り投げるんですよね、どうにでもなってしまえ!と言うように。
最後の自殺シーン、首にペンを当てた彼の前に現れたジョアンは前に手をかざして止めるジェスチャーをするんです。そしてそのジェスチャーと共にマットの手が止まる。でも山口ジョアンは正直止めなそうだな…と作品を通して見ているとおもうんですよね。だからこれは死んだ方が楽になれるが生きていたいという小野塚マットの気持ちの表れが、ジョアン=自らの存在意義であったものの幻覚を見せたのかな…と。
虐待や劣悪な家庭環境、愛への渇望が一人の怪物小野塚マットを生んでしまったんだと…マジでつらくなる。BLUEキツイ。

『INTERVIEW〜お願い、誰か僕を助けて〜』
  SHINDOI RED / KITUI BLUE 

って感じでした。個人的には。

 

【役ごとの感想】

<シンクレア・ゴードン/マット・シニア>
24歳の利発な青年、小説が好き。
好きな作家はエドガー・アラン・ポー。タバコもコーヒーも苦手。
大学の時教育実習生経験あり、カフェでバイトをしていた。
彼は少し夢みがちな語り口で小説を書くことは一種のテレパシーだと語った。実際は姉のジョアン・シニアを殺した恋人であり容疑者のシンクレア・ゴードンを探すために、14歳からの10年間自らの名前を捨てシンクレアとして生きてきた本名マット・シニアという青年。
その為に大学に進んでシンクレアと同じく教育実習にまで行っていて、本物のシンクレアをトレースする事がマットの生活を有る程度豊かにしてきたのは本当に皮肉だなぁと。
別の人物たちが出てくるので冒頭や回想部分とマットであるシーンはかなり少ないんだけど違いが出やすいのはアナベルリーの朗読と「ジョアンの話(私出ていくわ〜のナンバー)」

RED:糸川マット
登場の糸川マットはまさに利発な好青年という様子。不思議ちゃん感はあまりなく、小野塚マットより少しだけ軽薄さを感じる。マジメ系だけど人付き合いのいい大学生!って感じ。
小野塚マットの青にを先に見たのですごく驚いたんですけど、糸川マットは冒頭のジョアンとのアナベルリーの朗読のシーンあたりから瞳があまりにも辛そうで、求めるような目をしていてこちらまで辛くなった。ジョアンの話では嘘だ…というような表情から、今にも泣き出してきまいそうに顔が歪んで行く。そして身体を重ねるシーン。残念ながら糸川マットは角度的に表情がしっかりと見えなかったんだけど、ジョアンに触れる手の動きだったりが壊れ物を扱うようで…そのあとのシーンを考えるとつらかったですね…。
糸川マットにとってのジョアンは大好きな姉であり、母親変わりであり、一番愛する女性。

BLUE:小野塚マット
登場の小野塚マットは声のトーンが高く不思議ちゃん感が少し強め。推理小説オタク感が若干ある。大学であいついい奴だよな!って言われるけどそれ以下でも以上でもないってタイプ。
小野塚マットとジョアンの幻覚とのアナベルリー朗読。大切な物を見つめる真剣な瞳からどこか懐かしむような切ない瞳に変わって行く印象を個人的に受けました。ジョアンの話では、私出てくわと言われた瞬間に唖然として、幼い子供みたいな縋るような表情を浮かべるんですよね。
身体を重ねるシーンでは、戸惑いの表情を携えつつも机に上がりジョアン先導で彼女が求める通りに動く。マットの感情が出るのは行為の最後に抱き締める瞬間。自分も求めていいのかな…と戸惑いながらもぎゅっと抱き締める腕が……。ほんとにしんどい。
小野塚マットにとってのジョアンは唯一の家族であった何よりも大切な存在で居場所、存在意義。



<ジミー>
乱暴者で口の悪いの彼。
義父に対抗する為に生まれた人間。それゆえに義父を若干トレースしてしまい、タバコも酒もするチンピラのような人物。彼が出てきた時にユジンのタバコを奪い取り「まだこんな安物吸ってるやついんのか」というシーンから察するにそのタバコは過去に義父が吸っていた名柄、それを不味いと捨てると言うことは義父がトレース元ではあるが、マットの中で作り上げられた全く別の存在なのでしょう。
彼の担当は怒りや攻撃。劇中に「マットというアパートみたいなものに家賃を払って住んでる、それで俺が皆から家賃を取り立ててる」なんていうセリフがありましたが、ジミーも例外ではないのでは?と思ってます。
きっとジミーからマットへの家賃は怒りの感情を引き受けること。マットの耐えられない怒りをジミーが肩代わりしマットが生きやすいようにコントロールする。またユジンとの攻防中にマットが倒れ、ジミーが出てきたことや「これで5回目か」というジミーのセリフから何かあった時に矢面に立つ=出ている時間が長いのがジミーであると推測できます。
そしてジミーを構成するもうひとつ、ジョアンへの愛。
恐らくジョアンへの異性としての愛や、姉弟での性行為等のマットが抱えきれなくなった記憶を引き受けるのも彼の役割だったのでしょう。
人格ごとにジョアンの幻覚との対峙があるのですが、ジミーの目の前には《可憐なジョアン》の幻覚が現れ彼はしばらく目を離せないと言った様子で彼女の幻覚を追いかけるんですよ。その目といったらもう…。
そしてジョアンに近づいた瞬間に「あんたマットじゃない誰」と拒絶される。その時の切ない壊れそうな目と「みんなマットマットってよ」と自分をジミーとして認識してくれる事はないという苛立ち。ジョアンの憎む義父をトレースしてできたジミーが1人の人間としてジョアンを愛しているのがめちゃくちゃに辛い。この世の地獄。誰かジミーを愛して…。

RED:糸川ジミー
糸川ジミーちょっとチャラい!!ユジン先生を小馬鹿にしたような態度を常に取っていて、ヘラヘラしているといった印象を受けました。
それと何より、伊波ジョアンの事がものすごく好き。
糸川ジミーはジョアンとの距離感が近く、触れる際に顎クイするんですわ顎クイよ。
BLUEのエスコートしようとするだけの小野塚ジミーを先に見てたのでマジたまげました。めちゃくちゃにすきじゃん……。
糸川マットがジョアンの事を女性として見ていた故にそれがジミーにも強く反映されているんだろうなという感じでした。
ジョアンへの愛>>怒り、というようなジミー

BLUE:小野塚ジミー
小野塚ジミーはチンピラ感が強めですね。ユジン先生への態度が常に上からで横柄。山口ジョアンの事はもちろん好きなのですがとてもぶっきらぼうなんですよね……。少し距離を取りながら追いかけて、触れる際もエスコートをする様に片手を出す。これは主人格の小野塚マットが糸川マットほどジョアンに対しての恋愛感情を持っていなかった故に対女性としての振る舞いが希薄だったのかな?勝手に思ってました。
小野塚マットの中のジョアンは姉とか女性とか母親とかではなく世界すべてだったので…。
あとめちゃくちゃ小野塚ジミー暴れてたな…。「雨、雨、雨!ロンドンはいつも雨だ!くそッ、クソッ」ってところ、床が抜けるんじゃないかってくらい床を蹴りつけて地団駄踏んでて、しかも公演を追うごとに強くなるもんだからちょっと足の方が心配だった。

怒り>>ジョアンへの愛、というようなジミー



<ウッディ>
識字も出来ない小さな男の子の人格。最高にかわいい。左利き
お姉ちゃんが好き、お絵かきが好き、彼が天井を見ながら不吉なお絵かきをすると現実になるとアンが語ります(舞台上で書いている絵はまま、ないふ、ち)。冒頭の作り話で出てくるママをナイフで刺す子供の話の主人公であり、あの物語におけるノーネイムでもある。鏡に映った自分故に左利き…。
ここで出てくる天井。天井にまだ幼い子供が絵を書ける訳がないんですよね。幼い時に折檻の一環として狭い場所に閉じ込められていた事の暗示なのかな…と。ただREDの方では仰向けに寝転んで天井見ながら絵を書くシーンがあるので何とも言えねーーって感じです。

ウッディはマットが虐待を受けているのは自分ではなく別の可哀そうな男の子だったのだと、逃避、分離するための存在であり、それと同時にマットの友達でもある存在。おそらくマットの底にある深層心理があらわれている存在であるのかと。彼は逃避と肉体的な痛みが担当。
ウッディに関してはマジでずっと可愛いしか言えない病気の人間なので別の人の感想をみてくれ。
27才の成人男性が演じるショタからしか得られない栄養素をたくさん摂った最高の期間でした。


RED:糸川ウッディ
元気な男の子、糸川ウッディは良く笑うイメージがり、小野塚ウッディより若干おばかさん感が強く喋りがとてもたどたどしいんですよ…。でもなんか精神的には小野塚ウッディよりも落ち着いてるんですよね…。とても愛おしい…。松本ユジンにちょっと怯え気味。大人全般が怖い様子。
「ぼく、かん…じゃ…さん?なの」患者という単語も理解できていない様子でとてもいい。糸川ウッディは虐待のシーンで立ちながら耐えて折檻を受けているのが、我慢強い子なのかなと悲しくなってしまいました…。
精神年齢は高めだがIQ低そうなのが糸川ウッディ。

BLUE:小野塚ウッディ
少し内気な男の子。丘山ユジンに本当に最初こそ怯えているが、自分に危害を与えない大人だと分かった瞬間に丘山ユジンから興味が無くなるのが顕著。「ぼくかんじゃさんなの?(ひらがな)」こっちはこのくだりを滔々と話すので理解はできていそう。小野塚ウッディは殴られてその衝撃で倒れこみ、倒れこんでもなお殴られ続けていて吹っ飛んだりしててウワ…となる。痛められつけ方がエグいんて…。ただ多分これに関しては小野塚くんの殴り飛ばされる芝居がうますぎる(LDH体幹東映特撮の賜物)
精神年齢が低いがIQが少し高そうなのが小野塚ウッディ。
小野塚ウッディがマジで性癖すぎてその話しか今できないんですオタクくんは…。おっきいからだでまあるくなってお絵書きする姿あんなの保護しないとダメだって…。あと書いてる絵がへたくそ過ぎてマジで子どもでカワイイ……。お姉さんのおうちくるかい?おいしいお菓子いっぱいあるからね…。ウッディに会えなくなるの嫌すぎて千秋楽で20代成人女性なのに駄々こねてた。



<アン>
ウッディの双子の姉の人格。おませなロリ。最高にカワイイ。
27歳成人男性の演じるおませロリからしか得られない栄養素があることを今回の舞台で知りました。
アンはウッディやマットが考える理想の姉の姿が人格となって現れたものなのではないかと。理想の姉=自分を義父の性的虐待スケープゴートにしない優しい姉。義父からの性的虐待の際に自分の心を守るためにアンという人格を生み出してしまった。ウッディが肉体的な痛みが担当なのであれば、彼女は精神的な痛みの部分を担当しているんではないかと思いました。
そしてアンとジョアンの関係性。
ジョアンは自分を友達と呼びながらもスケープゴートにするし自分の言いなりにならなければ手を上げる。ジョアンは自分やウッディをおもちゃ扱いして危害を与える対象でしかなかったんだろうな…。そしてそもそもマットの人格の一つだから大好きな姉であるジョアンというフィルターが根底にあり、ジョアンに対して反撃することもできない。されるがままになるしかなかった。だからアンにとってはジョアンも義父と変わらず加害者であったのかなぁと。
あとアンの「私みたいに分別のあるカワイイ子」って台詞は積極的に使っていきたいなって思った所存。


RED:糸川アン

起き上がった際にスカートの裾を直すような身振りをするのがハチャメチャにカワイイ。
ワンピースを着ている姿が見えました。お洒落さんなんだろうな糸川アンは…。

小野塚アンに比べると糸川アンは精神年齢が低く感じました。ウッディの書いた絵を鏡の目の前でイラつきながら破り捨てる感じ。そしてジョアンに対して嫌悪の感情がすごく強くて…。嫌いだから近寄らないで欲しいしもう一切かかわりたくない、完全に拒絶しているようだなぁと。

BLUE:小野塚アン
起き上がった際に耳に髪の毛をかけるようなしぐさをするのがカワイイのと色っぽい。
きっとセミロングくらいなんだろうな…と無いはずの髪の毛が見えましたね~~。

小野塚アンは精神年齢が高いんですよね…そして鏡の前で見せつけて言い聞かせるように絵を破り捨てるんですよね。小野塚アンはヒステリーっぽいんですよね全体的にちょっと怖いんですよ…。それもやっぱり山口ジョアンを若干ではあるけどもトレースしているからなのかな…と。小野塚アンは常にジョアンに怯えて震えていて、マジ何されたのレベルに…。怯えっぷりが素晴らしかったですね…。



<ノーネイム>
マットの中の人格のスイッチャーで、マット本人が知らないことも知っている人格。名前はないからノーネイム。考えるのが一番難しいし、ノーネイムだけで何かが書けるくらい掘り下げようがあるんですよねこいつ。自分の中でも書きながら全然まとまってない!
ノーネイムはマットが生まれてすぐに「あんたなんか死んじゃえばいい」と言われたことから発現した、最古参の人格だと私は思っています。他の人格はジミー=義父、ウッディ=鏡に映る幼い自分、アン=ジョアのようにすべてトレース元があるんですよね。でも彼にはトレース元も名前すら無い。
それは彼もマット自身だからなのではないでしょうか。生まれてすぐに一番最初に自然発生したもう一人のマット自身、マットの防衛本能の具現化。自分を生かすために、あの家で生き抜くために生まれたもう一人の自分。自分自身の一部であるから特別に名前がない、ノーネイム。

それと同時にノーネイムはマットの辛かった思い出も幸せな思い出もすべて保管している記憶のプールのような存在でもある。故に、全ての人格のコントロールができる。唯一コントロールできない人格が自分自身であるマットなのかなーなんて。
・生き埋めにするぞと義父に脅された経験→シンクレアを埋める
・幼少期に死んじゃえばいい!と首を絞めたジョアンを同じように絞め殺す
・義父に叩かれてきた皮のベルトでユジンを殺害しようとする
マットやほかの人格たちが人を殺害してきた手口がすべて自分のされたことや自分を痛めつけてきたアイテムなのは、マット自身=ノーネイムが記憶しているから。
最後にユジンを殺害しようとしているときに歌うノーネイムの曲

ノーネイム 名前は (目を覚ませ マットだろ!)
唯の ノーネイム(病気なんだ 殺してはいけない)
マットを生かすため (本当の名前は)
マットのせいだ(目を覚ませ)
名前などない 名前などない

この歌の瞬間、マットとノーネイムは完全にリンクしていて一つの存在になっていたのでは?と思いました。
それに気が付いたユジンは「お前はマットだろ!」と必死に呼びかける。
ノーネイムは「マットを生かすため」にユジンを殺そうとする。あくまで汚い部分を受け持つのは自分の仕事だと。殺すのはマットでなく自分であると「名前などない」と叫ぶ。
全てを思い出したマットは「マット(=自分)のせいだ」と言い、すべてのカタを自分でつけようとする。そして自分はもう「怪物」である故に「名前などない」と叫ぶ。
ノーネイムに関してはマジで人それぞれの解釈が沢山あるし本来の解釈なんてわからんけど、とりあえずこれは私なりの解釈なので…というのをつけたしておきます。まじでしんどい


RED:糸川ノーネイム

結構糸川ノーネイムは感情が出るタイプ。冷静ではあるけれど言葉の端々に感情が滲んでいた印象です。
糸川ノーネイムは完全に牽制、これ以上踏み込むなという警告として非常に冷静な顔でペンを首に突き付けていました。糸川ノーネイムは特に松本ユジンを馬鹿にすることも無く、ただ興味がないといった様子。
きっともう諦めているんだろうなと。いくら自分が記憶をいじったところでマットはまた人を殺し、自分たちを救える人間などいない。マットが生きるためには自分が全て請け負い、コントロールしていくしかないと。

BLUE:小野塚ノーネイム
感情は表には出にくく、滔々と話す。とても冷静で感情の起伏が少ない印象。
ペンを首に突き付ける瞬間に小野塚ノーネイムはちょっと笑うんですよね、ユジンを馬鹿にするように。小野塚ノーネイムはこの子を救いたいと思い始めている丘山ユジンに対してそんなことお前ごときに出来るわけがないとおもっているように見えて。故に馬鹿にするような態度を取っているのは結局誰が何をしようと、マットのことを、自分たちのことを生かせるのは自分しかいないと考えているのかなと。



ジョアン>
故人18歳。マットシニアの姉であり、全ての元凶であると言っても過言ではない人物。REDとBLUEのジョアン像の違いにより全く別物の作品になったのでは?くらい全然違うジョアンだった。義父、マット、ジェイク、シンクレアと最低でも4人と身体の関係のあった彼女ですが、義父の所為で貞操観念が最初の段階でおかしくなってしまっていたんだな…って普通に女性として不憫でならないですよ。彼女の遺体からジェイクの精液が発見されたのも彼女の中での性行為が特別なものではなかったからなんでしょうね。だから別れる男であるジェイクとも、置いて行く弟のマットとも普通に身体を重ねてて…ハーー。
マットが「精液の話はやめるんだ!」というシーン、あれもマットの想定外の事だったからあの反応だったのかな…と個人的には思っていて。ジョアンはマットに「彼はあくまで表向きの人」と説明していたんですよね、だからまさか出てくるとは思ってなかったんでしょうね…。だって直前までしていたマットのものは中から出てきてないんですもん…そういう事よね…。

RED:伊波ジョア
常に年相応の女の子といった様子ですごくよかった。
ただ伊波ジョアンは正気を保ったままだったからこそ虐げられるシーンや、殺されるシーンがとても可哀そうで…。
幼少期のころはちゃんと幼く、18歳の時はきちんと少女であったと思う。なにより歌がスゲーーーー上手い。
伊波ジョアンは、糸川マットのことをきちんと家族として愛していて被害者同士対等な関係を築いていたなぁと思いましたね。義父からの虐待をマットに肩代わりさせるのも、仕方なくという雰囲気をまとっていたんですよね。マットに対しての罪悪感がきちんとあるのが、どうにも辛いところ。
彼女のボーイフレンドをとっかえひっかえな所に関しても、伊波ジョアンは求められることに弱いんだと感じました。男側から押されて押されて落ちちゃうタイプの女の子。
伊波ジョアンは歌の通りに「愛して、愛されたかった」ジョア

BLUE:山口ジョア
一方山口ジョアンはこの子はもう壊れているんだなと思えるジョアンだった。
伊波ジョアンとは逆に幼少期は大人びているのに、18歳の時は驚くほどに幼い。鈴のような澄んだ声がそういった雰囲気を醸し出すのに一役買っているように思いました。鈴のようにかわいく歌ったと思えばもう冷めたという表情を作りその場から立ち去る。もう正気じゃないんですよ山口ジョアンって。壊れてしまってる。

マットに虐待を肩代わりさせるシーン、伊波ジョアンはマットに懇願しているように見えるのですが山口ジョアンは口車に乗せて肩代わりさせているように見える。そしてマットに対しての罪悪感は全くないんですよね…なぜならば自分が生きていく為の手段それしかなかったから。ハーー。山口ジョアンこええんだ…。
強かな女というのが似合うジョアンだったなと思います。
山口ジョアンは「愛を求めていたけども自らは愛せない、愛し方を知らない」ジョア

 


<ユジン>
登場こそ推理小説家として登場するけれど実のところはオフィーリア殺人犯マットシニアの精神鑑定を依頼された精神学博士でした。
そしてマットの最後に寄り添ってくれた唯一の大人。
ユジン先生はREDとBLUEで年齢もアプローチも全然違くて面白かったですね。どっちのユジンがいいじゃなくて、糸川マットには松本ユジンが必要だったし、小野塚マットには丘山ユジンが必要だった。

RED:松本ユジン
熱い!とても!すごく人間味がある先生だったと思います。
作家先生としてのロールプレイにあまり重きを置いていないのかずっと熱い精神科医だった印象です。
松本ユジンは最初から救いたいという圧が強く、結構前のめりでしたね。
ノーネイムが語るマットの話のシーン、彼はずっと前のめりで拳を携えていて。最後の公聴会の部分ではっきりしたのですが松本ユジンの感情は「怒り」だったなぁと。義父、実母、ジョアン。そして見て見ぬふりをしてきた大人たち。マットを作り出してしまった世間すべてに対しての怒り。そしてせめて自分だけは
正直歌の部分がちょっと不安定だったのですが、それも含め堅物で正義漢な先生という感じでよかったです。
松本ユジンはどこか父性を感じるところがあってこんな父親がもし再婚してくれていたらなと…思える人でした。

BLUE:丘山ユジン
丘山ユジンは若さもユーモラスな所も含めマットの探していた「シンクレア・ゴードン」であるようなミスリードが観客側にできたところが非常に良かったですね。あと個人的に韓国版の方から、マットの事をあくまで患者として一線を引いていながらもどんどんとマットに感情移入していってしまう先生が好きなのですが丘山ユジンはまさにそれと言った感じですごく好みでした。
最初こそ仕事として接していたのですが、ウッディと対面したあたりから丘山ユジンはどんどん小野塚マットに入れ込んでしまっていて。それ故に最後、本当はそこにないはずのジョアンの遺体を自らのジャケットを掛けてマットの目の前から連れて行くといった行動に至ったのかな…と。
丘山ユジンはなによりもマットへの「哀れみ」が強く、涙を目いっぱいに溜めながらマットには救いの手が必要なんですと語る姿をみて、こんな人が幼少期にマットの近くに居てくれたらと叶わない願いを抱いてしまう位に優しい先生でした。





なっっっっっっっっっっっっが!!

自分でも長すぎて引いてんだけど!?お読みいただいた方はありがとうございます。
どうしてもBLUEに推しが出ていてBLUEばかり見ていたので比較といいつつもREDの感想が希薄になってしまったのが悔やまれるところです。


小野塚勇人さんのことを褒めるのも一緒にしようと思ったんですけど
文字数がとんでもないことになってたので一旦ここで締めます。

INTERVIEW日本語でこっちに持ってきてくれて本当にありがとう
感謝しかないです…。

また小野塚糸川マットに会いたいのはもちろんですが
違う方の演じるマットに会えることも楽しみにしてます。

再演…やりますよね?LDHさん!やらないなんて嘘でしょ?

ただeX品川はマジで三列目以降全然見えないので是非次やるときには
シアターウェストくらいの劇場でお願いしますマジでお願いだから。


ミュージカル「INTERVIEW〜お願い、誰か僕を助けて〜」TeamBlue ネタバレ+ストーリー+感想

INTERVIEWやっっっっばい!!!!!!!
2021年この小野塚勇人がすごい!!大賞すぎる

韓国版を知った上の観劇なんですけど歌詞が日本語だ!!!!!!!って感動した
めちゃくちゃわかる…日本語だ…
言語の壁で分かり辛かったところがすんなり入ってきて物語への解釈がより深まった日本版INTERVIEWでした。

2021/4/4 千秋楽後に加筆してます

※以下ガッッリネタバレです、長文5000字程度あります※
結末まで書いてますのでストーリー知りたい方向け
かなり端折っている+韓国版と混同しているところあり
また頭につけた番号は実際の台本の場番号とは異なります


〈1〉interviewの開始

全身の関節を折られた若い女性が白いワンピースを着せられモーテルのバスタブ浮かべられ発見されるという殺人事件が相次ぎ、シェイクスピアハムレットの登場人物を描いたミレーの絵画からオフィーリア殺人事件と名付けられていた。という導入がユジンより語られる。
ユジンの書斎。推理小説ユジン・キム(丘山)は前述のオフィーリア殺人犯が拘置所で自殺しようとした際に書き記した遺書を読んでいた。
すると鐘が3回と玄関を執拗にノックする音が響く。そのノックをする人物の正体は作家志望のシンクレア・ゴードン(小野塚)。
「ユジンキム先生ですよね。シゾプラン出版社から紹介を受けて参りました!アシスタントをお探しだと伺って」
シンクレアは推理小説『人形の死』を書いたユジンに憧れ、出版社からの紹介を受けアシスタントに応募してきたのだった。
ここから二人の面接《インタビュー》がはじまる。
シンクレア・ゴードン24歳、タバコも珈琲も苦手。
好きなものは小説、特にエドガー・アラン・ポーの『アナベルリー』
ユジンは夢見がちなシンクレアへオフィーリア殺人犯の遺書を差し出しこれで小説を作ってみろと遺書を手渡す。震える手で遺書を受け取ったシンクレアは自分の過去を織り交ぜながら物語を紡ぎ始めた。

マザーグースの一節、クックロビンが流れ始める。
そこにいるのは病弱な母親と小さな男の子ウッディ
母親は育児放棄をしウッディを見ることも抱くこともない。自分を見てくれる存在を欲したウッディは部屋の隅で自らをノーネイムと名乗る存在を見つけ、彼と友達になる。ノーネイムさえいれば…。自分を必要としない母親など不必要だとノーネイムに唆されてウッディは思い至る。
眠る母親のそばに忍び寄るウッディ。一度も抱いてくれなかった胸にひっそりと顔を寄せ、胸に向かってナイフを突き立てる。事切れた母親の瞳を閉じ、ノーネイムを探す。最後にウッディは気がついた。ノーネイムは自分の中にいる怪物だったのだと。

「ありきたりですね」とおどけながら閉めるシンクレアに、「少年が母親を殺す話がか?アナベルリーが好きというからラブストーリーかとおもったよ」と笑うユジン。採用結果は出版社から通知がいくと面接が終了。
帰る前にとユジン著の『人形の死』を鞄から取り出しサインを頼むシンクレア。まるでファンの女の子のように「宝物が増えちゃった」とサイン本を抱きしめ、部屋を後にしようとした。

〈2〉マット・シニア
帰ろうとドアの前に立つシンクレアが振り返り「一ついいですか?」と先ほどの夢見がちな文学青年とは違った落ち着いた口調でユジンに尋ねる。
貴方の書いた『人形の死』の通りにオフィーリア殺人事件が行われ、あなたは無名作家から一躍有名作家になった。そしてあなたの書いた『人形の死』で殺される女性は10年前に殺されたジョアン・シニア(山口)がモデルではないか?と。
10年前にユジンがジョアンを殺し、殺すだけでは飽き足らずに小説『人形の死』として仕上げ金儲けに利用した。そして今巷を騒がせているオフィーリア殺人事件はその小説に感化された模倣犯の仕業だと断定し責め立てるシンクレア。
「お前は一体誰なんだ、俺を捕まえに来た警察か?」と言うユジンにシンクレアは「驚いただろう?お前が捨てた名前シンクレア・ゴードンを名乗っているんだからな!」と笑った。
「私がシンクレアならお前はいったい誰なんだ」とユジンが言う
目の前のシンクレアは殺されたジョアンの弟マット・シニアだと名乗る。
ジョアンの事件後に姿を消した教育実習生でジョアンの恋人だった本物のシンクレアを、自らの名前までも変え10年もの間探しつづけていたのだと。
「仮に自分をシンクレアだと仮定しよう、では彼は誰だ?」と一枚写真を見せる。それは土に埋められてた本当のシンクレアの遺体の写真だった。
探していた相手がもう死んでいると知り半狂乱で取り乱すマット。
床に崩れ落ちプツリと糸が切れたかのように、動かなくなる。
暫くしてすくりと立ち上がるマットは先ほどまでとは明らかに様子が違っていた。

<3>ジミー
着ていたジャケットを脱ぎ捨てネクタイを乱暴解くマット。吸えないと言っていたはずの煙草をユジンの机から奪い取り吸い出す。突然荒々しい口調となり、マットはシンクレアが死んだことも何も知らない、探るなと告げる。明らかに今までとは違う態度にユジンは「ジミーか?」と問うとジミーと呼ばれたマットは「思い出したか、今日で五回目か?」と笑った。

ジミーに本物のシンクレアの遺体の写真を見せるユジン。ジミーは「最後には小娘みたいに命乞いをしてた」とシンクレア小馬鹿にした。
次にジョアンの遺体の写真を見せると「おれは知らない」とジミーは頭を抱える。すると彼の前にジョアンの幻覚が現れる。ワンピースの裾をはためかせながら可憐に舞う彼女にジミーが近づくするとジョアンは「あんたマットじゃないでしょ!」とジミーを拒絶する。「みんなしてマットマット!」と自分を自分として認識してくれない事に対して憤るジミー。
すると雨が降り出す。「マットの生まれていた日も雨が降っていたそうだな」というユジンにおれは知らないとジミーは頭を抱え苦しみだした。

〈4〉ウッディとアン
次に現れたのは先程とはうってかわっておとなしい人物だった。これがマットの鞄から出てきたが?と資料をユジンが手渡すと「絵がないねぇ…ぼくまだ字がよめないんだ」と言った。その人物は自分をウッディだと名乗るのだった。「ぺんだ!」とユジンの胸からペンを抜き去り、近くにあった紙に落書きを始めるウッディに近づくユジン。
幼いころのジョアンが現れ回想が始まる。
ジョアンと一緒に遊んでいるウッディ。マザーグースに合わせて手遊びが始まる。すると僕と言うウッディにジョアンは「お前はアンだって言ったでしょ!」と怒り始める。「僕はアンじゃなくてウッディなのに…もう僕は僕が誰かわからない」と泣き始めるウッディに「姉さんはもう死んだ」と語りかけるユジン。するとウッディは「ぼくはしらない!!!僕は何もしてない」と錯乱し始めるのだった。

そして次に現れた人物は耳に髪を掛けるような仕草をした。
鏡を見つめる人物は「何も知らないくせになんでぺちゃくちゃとしゃべるの?」と鏡に問い掛け自らの頬を叩き始めたのだ。止めに入るユジンに「痛みは私の役割じゃない、痛みはこの子がすべて引き受けるの」と語った。
彼女は先ほどウッディが語ったアンだった。ウッディとは二卵性の双子で幼いウッディの世話をしてあげているとアンは言った。そして私はジョアンのことが嫌いで彼女とはもう暫く会っていないのだと。
アンを探すジョアンの幻覚が現れる。
「あの子は死んだって言ったじゃない!」「私はもうあんたの人形じゃない」とジョアンの影に怯えるアン。「その中に誰が居る、誰が操ってるんだ」との問い掛けもアンの耳には届かず、恐怖に怯える彼女はすっと意識を失った。

<5>ノーネイム
倒れたマットの中から落ち着き払った人物が現れた。自分はノーネイム。名前なんてさして重要ではないと彼は言った。ジミー、ウッディ、アン、全ての人格のスイッチの権利を持ち、主人格のマットすら知らない記憶をも管理している存在だった。

彼がマットの物語を静かに語り始めた。
物語はマットが生まれ日に遡る。マットとジョアンの父親はマットが生まれた雨の日に飲酒運転の車に撥ねられて死んでしまう。
まだ若かった母親は精神を病み、生まれたばかりのマットの世話を4歳のジョアンに押し付け、毎日クックロビンの子守唄を歌い続けた。
ある日義理の父親ができるが、その人物は酒乱で子供にも暴力を振るうろくでなしだった。毎日のようにベルトで殴られるマット。辛い生活を耐えるため、マットの精神は次々と別の人格を作り出して行く。
暴力を振るう父親、見て見ぬふりをする母親。
幼い姉弟は本来一番安全である家庭の中で、外敵に狙われ二人で身を寄せ合い生きていくしかなかったのだ。

話している最中のノーネイムが頭を抱えて苦しみ始めた。
ジョアン!ジョアンに呼ばれたんだ!」とマットが出てくる
ジョアンはいない、戻れマット」というノーネイムに、「お前がペラペラとマットのことを話し始めるからこうなった」とノーネイムを罵倒するジミー、二人の喧嘩に「もうやめてよ!」と怯えて泣き始めるウッディ。
入れ替わり立ち代わり出てくる人格に「危険だ」と抑えるノーネイム。
「誰か、誰か僕を助けて」という悲痛な叫びを残してマットは意識を失った。

マットが最初のインタビュー中に好きだと語った『アナベルリー』この詩はジョアンが好んでいたものだった。つらい状況の中で恋に恋するジョアン、ジョアンしかいなかったマットはある日姉弟としての一線を越えてしまう。
そしてジョアン18歳、マット14歳。ジョアンの卒業式前夜。
自分の初めて書いた小説を読んでほしいとジョアンに手渡すマット。ところがその小説を読まずに机に放ったジョアンは明日の卒業式が終わったら家を出ていくわ、本当の恋に出会ったとマットに告げた。教育実習生であり新しい恋人のブロンド男シンクレアと一緒にロンドンに行き小説を書くのだと。
外に男が居ようと本当にジョアンが愛しているのは自分だけだと思っていたマットはやっとの思いで「じゃあ僕はどうするのさ」と問いかけた。
「大人になったらもうおもちゃは要らないの」
残酷なジョアンの言葉に唖然とするマット。ジョアンにとってマットは都合のいいおもちゃ、人形遊びの人形にしか過ぎなかったのだ。
自分はジョアンにすら愛されていなかった、愛してたのは自分だけだった。
逃げ出そうとするジョアンを逃がすまいと追いかけるマット、逃げる彼女に手を伸ばし首を締め上げ、抱きしめた。やっと自分の胸に寄り添ってくれたと笑うマット。ジョアンの体から徐々に力が抜け床に崩れ落ちていった。
その傍らにあるマットの初めて書いた小説それが『人形の死』だった。そう、マットは何処かで気が付いていたのだ。ジョアンが自分のことを本当には愛していない事を、自分を捨てて出ていく事を、そしてそうなった時に自分がどうするのかを。
呆然とするマットは父親の煙草を手に取りおもむろに火をつけた。
火の付いたタバコを部屋に投げ放ち家はたちまち炎に包まれる。
暴力を振るう父親も、見て見ぬふりをし続けた母親もみんな燃えてしまえ僕の受けてきた苦しみを味わえと。その炎の中で自らも死のうとするマットを助けるためにノーネームが人格を乗っ取り、マット以外の人格に指示を送った。そしてそれぞれの人格が後片付けを始める。
一緒に逃げるはずだったシンクレアはジミーが殺害し遺棄そして元恋人の家にジョアンの血がついた服を隠匿、ジョアンの遺体をウッディとアンが川へ埋葬し弔いの花を散らした。ノーネームはマットの記憶を消したうえで、『人形の死』の作者名をシンクレア・ゴードンと書き換えた。マットがジョアン殺害の犯人をシンクレアと信じ込むように。

ジョアンの殺人もオフィーリア殺人事件も全てマットの仕業だったのだ。
しかしノーネームが事件が起きる度にマット記憶を改竄しているためマット自身はその事を知らない。事実を知ったユジンはノーネームに問う。
マットはオフィーリア殺人事件をなぜ10年も経って犯したのか、黙っていればジョアンの事件は迷宮入りしたはずなのになぜこうして話したのか。
ノーネームは語る、ポーの書いた『告げ口心臓』の犯人と同じようなものなのではないかと。そしてきっとマットはジョアンのことを忘れてほしくなかった、誰かに見つけてほしかったのではと。
全てを話したノーネームは、知ってはならない話を知りすぎたといいながらベルトを腰から抜き取りユジンの首を絞めた。

<6>裁判所
場面が暗転し裁判所へと切り替わる。壇上に立つユジン。
今まで見てきたのはオフィーリア殺人の犯人マット・シニアと心理学博士であるユジンが行っていた催眠療法の一部始終だったのだ。
世間からは『怪物』と呼ばれる残酷な殺人犯のマット。
けれどそれにには悲しい幼少期の体験があったのだと、そして私はそんな彼の心に少しでも寄り添ってあげたいとユジンが語る。彼が欲しかったのはただ幸せな小さな家だけだったのだと。

<7>interview
場所はまたユジンの書斎に戻る。座るマットに催眠療法を施すユジン。
「あなたは鐘が3回なったらこの本を書いた人物に出会います、その人に出会うことであなたは知りたかった事実を知ることができます」
鞄を手に取りユジンの部屋から出ていくマット。
オフィーリア殺人犯の遺書を読むユジン。
すると鐘が3回と玄関を執拗にノックする音が響く
「ユジンキム先生ですよね。シゾプラン出版社から紹介を受けて参りました!アシスタントをお探しだと伺って」
こうしてまたユジンとマットのINTERVIEWが始まるのであった。



4/4に千秋楽を無事に迎えました!
最高の舞台…。ありがとう小野塚勇人…。

マットシニア本当に可哀そうで可愛くて愛おしい存在すぎる…。
母親を愛し愛されず、愛されてると思っていた姉にも愛されずに壊れてしまった「怪物」を演じる小野塚勇人最高なのでマジ。
ウッディとジミーが大好きなので今回はその話をします!!!!!!!!!

小野塚勇人27才が演じるショタのウッディが最高
成人男性が演じるショタからしか得られない栄養が摂取できます
無垢なショタを演じる小野塚勇人!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!最高!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
ウッディは虐待を受けていた頃の幼いマットの人格がそのまま残ったものという感じです。だからにっこにこしながらひらがなでお喋りして、そんでもってすぐ泣いちゃう上に回想で殴られる芝居も観れる。ウッディのこと好きすぎて台詞も一挙手一投足も覚えてるレベル。ユジン先生に対して「おじさんぼくのことしってるの?ぼくおじさんのことしらないんだけど」とか「ぼくかんじゃさんなの?」とか言うんだけどマジ全部ひらがな。愛おしすぎ。小野塚勇人ショタ演じる天才かもしれんわ。
そしてウッディはまだかわいいショタなのでおねえちゃんのことはおねえちゃんとしてだいすき!おねえちゃんはぼくがまもる!みたいないい子なんです…結果アンが言っていたように痛みはウッディの役割となって行ってしまうのですが…。ウッディ保護してあげたいよ…。

ウッディとはうってかわってヤクザのような振る舞いをするジミーなのですが、きっと彼は乱暴者の義父に打ち勝とうとするために生まれた人格で、それ故に大嫌いだった義父を若干トレースしてしまってるんですよね。酒も飲むしタバコも吸う。粗野で口も汚く、本当のシンクレアを殺害したのもこのジミーという人格でした。
それぞれの人格ごとにジョアンの幻覚との対峙があるのですが、ジミーはジョアンの手を取った瞬間に「あんたマットじゃない誰」と拒絶されるというシーンがあります。その時の切ない壊れそうな目と「みんなマットマットってよ」と憤る姿を見て、ハッとしました。自分をジミーとして認識してくれる事はないという苛立ち。きっとジミーはマットとは別のジミーという1人の人間としてジョアンを愛してしまっていたんですよね。だからきっと彼は本当のシンクレアを殺害する役割を担ったのでしょう。
この物語の中では、たとえ体が1つでもそれぞれの人格がそれぞれに違う体験をして感情を抱いて違う思考を持っていればもうそれはそれぞれ別の1人の人間と言えるのではないかという問いかけが何度も出てきます。
個人的に一番それを感じさせてくれるのがジミーという人格だと思いました。ジミーも最初は乱暴で下品で…って感じなんですけど回数を重ねるとジョアンと対峙する時の目が…ほんとに辛くて…。

ウッディとジミーが性癖に 爆走クリティカルストライクしてきたのでその話ばかりですがマジでほかの人格もヤッッッバイので。
そもそものマットも利発な青年で可愛いし、アンはおませな女の子で可愛いし、何よりノーネイムがマジでヤバイ。
語彙が無さ過ぎてヤバイしか言ってないんですけどヤバイんですって…。

teamREDも拝見しましたがマジで別物。
単純に作品がいいので韓国の様に日本でもまたキャストを変更してやってほしい物ですね…。
各人格ごとのだったりチームごとの感想は千秋楽後にまとめます……力があれば。ガッツリなネタバレですが気になっている方の参考になれば幸いです。

  • #ネタバレ